忍者ブログ
バレーボールを中心としたスポーツ用品の情報サイト
バレーボールは全身を使うスポーツであるがゆえに、さまざまなトレーニングでフィジカルを強化していくことが大切になります。

力強いスパイクを打つためには、肩の筋肉がしっかりとしていないといけません。ベンチにうつぶせになり、腕を垂らしてはダンベルを肩の高さまで上げる運動が効果的です。

力強いスパイクを打つためには、ダンベルベンチプレスで大胸筋などの胸の筋肉を強化していくことが大切です。

スパイクやブロック、ジャンプサーブなどは滞空時間が長いほど効果を発揮します。空中での姿勢を制御し、バランスをとるために腹筋はぜひ鍛えておきたい筋肉です。また、背筋を鍛えることも空中でのバランスを保持するのには有効になります。
PR
バレーボールでの勝敗を決める際に重要になってくるのが、サーブです。 サーブはボールをコントロールする能力を鍛えて行けば、スパイクサーブや変化球を付けたサーブも訓練次第では打てるようになるから、それだけでも数点稼ぐ事が可能なのです。 そしてバレーボールによって身に付けたコントロール能力や反射神経というものは、その他のどんな球技にでも役立つのです。 サーブ以外でも、自分の方へ向かってきたボールをしっかりレシーブして返すための空間認識能力も養う事が出来ます。 それらの訓練は実は運動能力を鍛えるだけでなく、脳の思考回路をフレキシブルに広げるための訓練にもなるから様々な意味でプラスとなるのです。 人生においてある一定の期間でもいいからそういった運動能力を高める訓練を積んでおくとそれが長い人生においていろいろな時に役立つので、しっかりと鍛えていって下さいね。
バレーボールではトスなどで失敗すると突き指をしやすいスポーツでもありますよね。

結局はタイミングずれることで突き指が発生します。

練習などで熟練度をあげる必要があり、通常の学生が体育の授業などでたまに突き指してしまう姿を見かけますよね。

突き指は一種の捻挫でもありますが、脱臼していたり、腱の断裂などもありえますから医師の診察を受けた方が良いですよね。

どんなスポーツも怪我は付きものですが、バレーボールは相手選手との接触が少ないぶん比較的安全なスポーツとも言えます。

もちろん怪我がまったくないというわけではありませんので、事前のウォーミングアップなどは大切ですよね。
バレーボールから派生したスポーツに最近人気のスポーツであるビーチバレーがありますよね。

最近もビーチバレーの大会が開かれ熱戦が繰り広げられました。

実際バレーボールからビーチバレーに転向する選手もいたりして、その実力は本物ですよね。

そしてビーチバレーの場合は室内で行われるバレーボールよりはコートが狭いものの二人で行うため、かなりの技術を要するのではないでしょうか。

もちろんペアの相性や練習を積み重ねて息を合わせることも必要ですよね。 なかなか急造チームでは勝ち上がれなかったりするのはお互いに息の合ったプレーが出来ていないということもあるかと思います。

バレーボールの競技形式というのはまず、国際バレーボールの場合は6人制になっています。

そして、競技場が長辺18m、短辺9mの長方形のラインが引かれたコートを用いります。

その中央にはコートを二分する形で幅1m、長さ約10mのネットが張られています。

ネットの高さが男子が2.43m、女子が2.24mと定められています。

女性のほううが背が低いという事もあり、男女とではこのような差が出ているのです。

ちなみにネットからそれぞれ3mには、アタックラインと呼ばれるラインが存在します。

コートの外には3メートル以上の空間、天井までの高さは7m以上が必要とされます。

このような条件がそろって、バレーの競技形式が決まっていきます。

男女との差はネットの高さの差がありますが、その他は大して変わりがありません。

詳細なルールはこちらをどうぞ。
様々なスポーツにおいて、沢山のユニフォームがあると思います。

基本的にユニフォームというのは、そのスポーツに合わせて作られていて、動きやすさや使いやすさを重視したものになっています。

バレーのユニフォームも、動きやすいようになっていますし、膝や肘のほうにサポーターがつけやすいように、長袖や長ズボンなどとは離れたものになっています。

そのため、動きやすくかつ、サポートしやすいものになっているようです。

ちなみに、ユニフォームというのは様々なチームによって、色であったりデザインが全然違うものになっています。

そのチームの顔として着ることになるユニフォームは、デザインやカラーも大切になっていくと思います。

様々なカラーがありますので、一度ユニフォームについても気にしてみてみたらいかがでしょう。

また、できたてのチームなどはユニフォームの代わりに、ビブスを使用してみるのも手軽な方法です。

例えば、蛍光オレンジのビブスなどはカラフルで個人的には好みです。
バレーボールでは、6人制と9人制があります。

その二つには、様々な違いがある事をご存知でしょうか。

まず、9人制と6人制では、ネットの高さが違います。

国際的には6人バレーが基本なのですが、日本ではママさんバレーというのが存在します。

そのママさんバレーでは9人制の場合が多いです。

他、9人制ならサーブの打ち直しが1回に限り可能であったり、ブロックを1打に数える事が出来ます。

そしてどの選手もスパイクを打つことが出来ます。

また、6人制では反則となりますが、オーバーネットしない限り、サーブブロックが有効的になります。

人数の違いではこのように様々なことがあります。

バレーボールのルールも様々なものがありますが、人数の違いでルールが変わるので、もしもやる場合はそのようなルールを気にかけてみてはいかがでしょうか。

使用ボールは、モルテンの他、ミカサのバレーボールが多く、青×黄の配色でパッと目に飛び込んでくるようなデザインが特長です。

オリンピックでもお馴染みでしたね。
沢山の人が生きている間にスポーツに触れる機会が沢山あります。

そのため、そのスポーツを職業としたい人もいます。

もしも、バレーボールを本格的にやっていきたい、または少しでも始めてみたいと思った人には、色々なやるべき事があります。

それは、まず道具をそろえるという事です。

バレーボールには様々な道具が必要な場合があります。

そのために、まずは初心者なりに道具をそろえていきましょう。

次に、基礎知識をつけましょう。

ルールなどはもちろん、テクニックについても基礎から学んでいかなければなりません。

そして何より練習です。

最初は出来ないのは当たり前ですが、少しずつ練習をして、形にしていきましょう。

初心者が始めなければいけない事というのは色々あります。

そして、それを始めてから、継続していかなければならない事も沢山あることを覚えておきましょう。

バレーボールは一人ではできないスポーツなので、クラブやチームに入部しなければなりません。

入部後に、仲間との協調性を学び、技術を磨き、上達していきます。

卒部の際には、バレーボール サインボールにメッセージを入れて贈れば、受け取った選手は仲間との思い出の詰まった最高の贈り物となります。
バレーボールというのは、様々なところで身近なスポーツとなっています。

その中でも、皆さんは授業でモルテンのバレーボールなどを使い、バレーボールを経験したという人が多いのではないでしょうか。

学校の授業というのは、他と競い合うだけではありません。

周りと協力しあったりするからこそ、大切なものもあります。

ですから、このようなスポーツを通して、協力する心を学ぶというのも必要です。

授業で行われるバレーというのは、大体6人1組チームになります。

2人ずつでボールになれたり、6人対6人で試合を行ったりとやることは様々です。

また、ママさんバレーなどで、学生のお母さんたちがあつまりバレーを行うようなこともあります。

そのため、バレーボールというのは沢山のところで沢山の人に触れられています。
ブログ内検索
忍者ブログ [PR]